大きなカブって最初から周りの土除去すればよかったんじゃね?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■本日のらふにーとは
 シルエットブレイド番外編っぽいのを書いたので普通のは無し
 何だか最近調子が良い気がする、あくまで気がするだけだけど
 一昨日書いた文も我ながら結構良い出来なんじゃないかと思う
 実際色々な人に凄く良いって評価を受けたから、良いっぽいね
 まあ、今回も前みたいに人受けが良いかどうかはわからんけど
 
 
 
■シルエットブレイド ~真夏の夜は喧嘩シーズン~ その1

あれほど昼間に殺人的な光を放ったというのに、熱の残滓は夜になっても消える事は無い。窓の外には、面倒くさそうに月が浮かんでいて、名前も知らないような虫達が、喧しい大合奏を繰り返している。

365日休まず働き続ける太陽や、夏の間は毎晩鳴き続ける虫達は凄いな。漠然とそんな事を考えながら、犬属の青年――カルマ=アルヴァデッドは、自室のベッドの上で冒険小説に視線を落としていた。

あの虫達は、夜になっても下がらない気温に腹を立てて鳴いているのか、それとも求愛が巧くいかなくて泣いているのか。虫には虫の都合があるのだろうが、どっちにしろ迷惑だな、とカルマはページを捲る。

先日、お前はもっと言語能力を高めた方が良いと言われ、隣の部屋にいる居候から冒険小説を渡された。強力な魔物に立ち向かう主人公に対して、特に心躍らされるような事は無かったが、暇潰しには丁度良いと思った。読まずに返せば、クイズだの何だのやらされ、結局点数の低さで全て露見してしまう事もわかっていた。

何となく瞼が重くなってきたので、枕の横に置かれたしおりを手に取る。月明かりでも十分に目立つそのしおりには、ショッキングピンクの文字で「しびれろ夏の冒険小説」と記されている。出版社の夏のスローガンらしいが、カルマの脳味噌は、色彩溢れるしおりを数秒眺めただけで、はやくもしびれを起こし始めていた。

「おーいカルマー、まだ起きてるかー?」

聞き覚えのある声が扉越しに響いた。同時に扉をノックする音が、電気を消した直後の真っ暗な室内を満たす、真っ暗な空気を無機質に叩いた。

起きてない、と返答しようと少し息を吸ったところで、カルマは声を飲み込んだ。返答してしまったら、寝ている事にならない。そんな当たり前の事を理解できないほど、自分の脳は眠気を訴えているようだ。扉の向こうの相手には悪いが、今日は無視して寝てしまおう。薄目の生地の掛け布団に潜り込みながら、そうカルマは思った。

シャッターの降り始めた聴覚が、「んだよー、寝てんのかよー」という不満の声を拾う。何となく心の中で、罪悪感のような感情が揺らめいた気がしたが、時間が時間だ。もう後一時間前に来れば相手にしたのに、と本格的に睡魔を相手にすることにする。扉の向こうで、カチャカチャと不審な金属音が鳴っているのを、カルマは気が付かなかった。

「なーんだ、ほんとに寝てんのか。チクショウ、開けて損した」

突然通りの良くなった声に、ようやく全身に満ちてきた快眠が一瞬にして消し飛んだ。寝起き直後の霞んだ脳が冷静に事態を把握できず、不覚にも上半身を起こしてしまった。ぼんやりとする視界に見慣れた顔が割り込んできて、見慣れた笑顔を作った。しまった、とカルマは深くため息をついた。

「やっぱり狸寝入りかよ。無視するなんて、酷いなお前」

照明が一切無くとも十二分に目立つ金色の髪と体毛。強欲さに満ち満ちた、マイナス二十等星に近い輝きを宿した金色と銀色の瞳。狼属の青年――ゼノン=レインフォルクは、まだ眠りの余韻が取れていない同居人に対して、笑いながら言った。

■あとがき
 何か調子が良かったから本編よりサクサク書けたんじゃねえかと
 何個に分割するかはわかんねえけど、ともかく書ききる事が先決
 此処表現おかしくね?とかいうツッコミはガンガン受け付けるよ
 それと、シルブレもこんな感じの文章だからその辺りもよろしく
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2006.04/25(火) [らら]
2006.04/26(水) [狩霧沢]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://serill.blog11.fc2.com/tb.php/314-894a701d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。