大きなカブって最初から周りの土除去すればよかったんじゃね?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■みるきーうぇい
 七夕です、流石にこの歳になって短冊に願い事書いたりしません
 小学校の時は学校行事として願い事書かされた気がするけども
 何て書いたのかまでは思い出せない、きっとろくな事じゃないし
 大体短冊に願い書いたってミルキーウェイに流されるだけですよ
 流れに流れた短冊達はそのままブラックホールにフェードイン
 メルヘン欠乏者で御免なさい、給食の七夕ゼリーは大好きでした

■だってバイト帰りだもん☆
 疲れてるんです見逃してください、言いたい事はそれだけです
 
 
 
■ENTRANCE

スルト:今日は七夕という事で、皆さんどんな願い事をしたんでしょうね?
アゼル:作者の奴は「短冊に願い事書いて待つんなら実力行使で願いを叶えてやる」とか言って何処かにすっ飛んで行ったが
スルト:本来ならあの人が司会進行を勤めるんですが・・・・・・何処に行ってしまったんでしょう

せりる:おらー待てゼノン!大人しくこっちの半ズボンに穿き替えろー!
ゼノン:んな太腿丸出しの短い半ズボン誰が穿くか馬鹿ヤロー!近付くんじゃねえー!

スルト:・・・・・・ま、まあ其方の事は置いておいて、一つずつ短冊を見て行きたいと思います
アゼル:ろくでもない事しか書かれていないような気がするな
スルト:まずはこの灰色の短冊から。えーと、何々?・・・・・・『糖分』?
アゼル:ああ、それは俺のだ

せりる:今日を何の日だと思ってるんだ!七夕だぞ七夕!四の五の言わずに俺の願いを叶えろー!
ゼノン:寄るなっつってんだろうがこのド変態がー!大人しく短冊に書いてりゃいいだろうがー!
せりる:書いたってお前は穿かないだろがー!だから実力行使だこのヤロー!


スルト:・・・・・・き、気を取り直して二枚目行きましょうか。次はこのピンク色の短冊にしましょう。
アゼル:・・・・・・でかでかと『金』と書いてあるな
フィル:あ、それアタシが書いた奴よ。やっぱ世の中金でしょ金
スルト:・・・・・・・・・
アゼル:・・・・・・・・・

ゼノン:何で今日はこんなに足速いんだこいつはー!
せりる:うおらあああああ待ちやがれえええええええ

スルト:・・・・・・さ、三枚目に行きましょう
アゼル:そもそもこのメンバーでまともな願い事をする奴なんかいない気がするんだが・・・・・・
スルト:それは言ってはいけないお約束な気がします・・・・
アゼル:それで、その緑色の短冊には何が書いてあるんだ
スルト:・・・・・・『なにもない』って書いてあります

せりる:ハハハハハついに捕まえたぞゼノンよ!さあこの俺的に犯罪級に短い半ズボンを穿けー!
ゼノン:ウギャー!パンツまで脱がすんじゃねえよ馬鹿!尻が!尻が!あ、そこの二人!コイツをどうにかしろ!
せりる:ハハハハハ今日からお前にも半けちゅの称号を与えてやろう!

アゼル:それはどう考えてもカルマが書いた物だな・・・・・・
スルト:あの、無視しちゃってもいいんでしょうか・・・・・・?
アゼル:・・・・・・知らん、関わりたくない

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://serill.blog11.fc2.com/tb.php/391-e27cd948
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。