大きなカブって最初から周りの土除去すればよかったんじゃね?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■キャハハハハハ
 課題提出日を間違って記憶してて今現在超必死こいちゃってるぜ
 つかもう徹夜しても明日の午後三時までに終わるかもわからんね
 一応1/3は終わったけど一教科だけで七時間も費やしたし(ノ∀`)
 あれだね、毎日少しずつやっても量を考えないと終わりませんね
 学生としては良い意味で家に引き篭もったとは思うんだけども
 俺の本業は遊び人だから此方の意味では激★ポイズンって感じ

 あーおわんねー、仮病使って期日延長するしかねえかも('A`;)

■だが娯楽
 そんな中でもエントランスは更新される、課題しながら考えてた
 実際は執筆するのに一時間かかったとかそんな事はどうでも良い
 昔の人はよくこう言った、「MUSASHIではよくある事」、とな

 だから俺もその迷言に則って日記を書くという素晴らしい(以下略

■ENTRANCE

カイズ:2006/9/28、あれからもう半年も経ってしまったんですねえ。
アゼル:何がだ。
カイズ:エントランスの事ですよ。開始したのが2006/4/27だったので、今日は一ヶ月早い半年周年なんです。
アゼル:その話題は来月するべき事じゃないのか?そもそも、半年周年って何だ。勝手に言葉を作るな。
カイズ:嗚呼、悲しいですねえ。私の記憶で一番古いアゼルさんは、こんなに小さくて可愛らしかったのに。何時からこんな強面で無口で身体の大きな子になってしまったのやら。
アゼル:・・・・・・子供の頃の俺はそんな角砂糖程度の大きさじゃないぞ・・・・・・。
カイズ:身体が弱かった上に、どうしようもないお母さんっ子で、よく泣きながら私の病院に来てましたっけ。
アゼル:やめろ、思い出させるな・・・・・・。
カイズ:そんなアゼルさんの知られざる過去の暴露話は、残念ながら今回の主題ではないのです。一部の読者様には大変申し訳なく、且つ勿体無い話ですね。
アゼル:寧ろ、永遠に語られない事を俺は祈る。
カイズ:さて、此処暫くの間は季節の移り目という事で、皆さん体調を崩したり風邪を抉らせたりで、病院の仕事が大変だったんです。
アゼル:残暑が厳しかったと思えば、突然天候が悪くなって急激に冷え込んだからな。読者の中にも、体調不良を起こした人がいるかもしれん。
カイズ:余りにも忙しかった所為で、疲労が溜まってしまいまして。いえ、仮にも医者なのですから、仕事の多忙を理由にしてはいけないんですけども。
アゼル:その心意気は認めるが、お前は魂だけの悪魔なんだから、肉体がある俺達と違って疲れたりなんかしないだろう・・・・・・。
カイズ:何を仰るんですか。私だって疲れる時は疲れるんですよ。魔法を一杯使えば、魔力不足で存在を保てなくなるんです。具体的に言えば、精神疲労ですね。
アゼル:疲れた時は、甘い物を食べると良いらしいな。ロールケーキなら、常時コートの中に入れてある。
カイズ:おや珍しい。頂けるんですか?
アゼル:やらん。断じてやらん。俺が食べる。
カイズ:でしょうね・・・・・・。砂糖の神様の申し子って所だけは、唯一昔と変わっていない点ですし。
アゼル:モグモグモグ・・・・・・。
カイズ:それでですね。今度病院の方を臨時休業して、皆さんと一緒に温泉旅行にでも行きたいな、なんて事を考えたんですが、アゼルさんはどうでしょう?
アゼル:宿泊先をケーキバイキングのあるホテルにしてくれれば、俺は一向に構わん。ムシャムシャ・・・・・・。
カイズ:成る程、検討しておきますね。後はフィルが豪華な所じゃないと嫌だ、と言っていたので、交通費はともかく宿泊費の方が高額になってしまいそうなんですが。
アゼル:スルトはともかく、あの二人は金がないからな・・・・・・。値段によっては、行かないと言うかも知れんぞ。ゼノンの奴は大騒ぎしそうだが。
カイズ:リースさんも、あのお二人が来ないと来ないでしょうしねえ。かと言ってフィルの意見を無視したら、死ぬまで呪い続けられるでしょうし。
アゼル:それはそうと、何処に行くつもりなんだ?温泉なんて、結構遠出しないと無いぞ。
カイズ:草津ですけど。
アゼル:何処だ其処は・・・・・・。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2006.09/29(金) [バナナorHG]
2006.09/29(金) [tyonibukunn]
2006.09/29(金) [せりる]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://serill.blog11.fc2.com/tb.php/421-b8059686
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。