大きなカブって最初から周りの土除去すればよかったんじゃね?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■お知らせ
 ブログの左メニュー一番下にメールフォームを設置してみました
 俺個人としては来る訳がないから付けたくなかったんだけども
 折角小説あげてんだから付けとけ、とある人物に推奨されたんで
 悪戯防止の為にHNとメルアド入力を必須事項としているので
 入力欄が小さくて大変だとは思うけど、よろしくお願い致します

 やっぱ付けても無駄だと思うんだけど、とりあえず様子見か('A`;)

■責任者出て来い
 昨日収録を終えた後、獅の人と虎の人と三人でトークしていて
 最近流行りと噂のネオスチームってMMOの話題になったんだよ
 それで武器とか防具の強化アイテムの名前を教えてもらって愕然

 武器強化アイテム「ブロンズ・シルバー・ゴールドセリルストーン」

 『セリル』ストーンって何ですか、いい加減にしないと訴えますよ
 その後虎の人が「シルバーセリル売れない」とか言い出すし(ノ∀`)
 本当にそうなのか自分で検索して真偽を確かめたらマジ話だった
 ついでに余計な物も見てしまって更に法的手段をとりたくなる俺

 防具強化アイテム「ブロンズ・シルバー・ゴールドセリロン」

 何その『セリロン』って、ポケモンで言う俺の進化系みたいじゃん
 獅の人も虎の人も面白がってせりる→せりろん→せりにうむとか
 謎の進化系作り出して遊び始める始末、いや俺も爆笑したけどね
 結局「銀せり」と略す事により蟠りを何とか緩和して決着つけた

 ネオスチは怖い所です、やってみようと試みて実際出来たけれど
 致命的な欠陥を発見したので結局無理だった、PCぶっ壊してえ
■ENTRANCE

クルム:此処にいる以上、あくまで真面目に和やかに会話をする事が規則らしいけど、君はどう思う?
リース:そもそも、私と貴方が対話するって事自体が、カレーに納豆を入れるくらいミスマッチだと思います。
クルム:その表現は適切じゃないね。カレーに納豆は美味しいよ。僕は好きだね。
リース:聞きましたか皆さん!残虐性の塊のような人の意外な一面が、今公衆の前で暴露されましたよ!
クルム:フフ、所詮僕が行く先は祝福の無い修羅の道さ。理解者が居ない事も、重々承知しているよ。
リース:どちらかというと、私はカレーにソース派ですけどね。

クルム:エントランスが今日で三日連続更新となる訳だけど、この毎回行われてる意味不明な前振りは一体何なんだろうね
リース:それに関してコメントが届いていますよ。「自然に本題へ進めていく構築力が無いから」、だそうです。ある意味、流石です。
クルム:それ以前に、最近この場所に足を運び始めた人々は、「お前ら誰?」だとか思っているに違いないよ。フフ、無粋で殺したくなるね。
リース:殺人は小説で好きなだけやってください!規則に従わないと、話から追放されますよ!
クルム:なるほどね。幾ら個々の力が絶大であろうとも、製作者に敵う事は決して無いと言う訳か。随分と窮屈な世の中になったものだね。
リース:あまり真理に触れた話題を振らないで下さい。気が滅入りますから。
クルム:ああ、これは悪かったね。本題に入ろうじゃないか。
リース:・・・・・・・・・。
クルム:どうしたんだい?
リース:いえ・・・・・・。いざ、と今回の台本を開いてみたら、何も書いていない白紙が目に飛び込んできたもので・・・・・・。
クルム:・・・・・・・・・。
リース:・・・・・・根本的な質問ですけど、このコーナーの本義って一体何なんでしょう?
クルム:それに関してコメントが届いているよ。「無意味こそが其れすなわち意味のある事」、だそうだよ。
リース:一部界隈にしか分からないような哲学的ワードですね・・・・・・。
クルム:要約すると、既にこのエントランスは存亡の危機に瀕しているって事か。中々、スリリングな話だね。ハハハハハハ。
リース:はあ、カルマ君とゼノン君は何処に行ってしまったんでしょう・・・・・・。
クルム:僕はドーナツが食べたくなって来たよ。フフフフフフ・・・・・・。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2006.09/30(土) 寒いジョーク[がるふ]
2006.10/01(日) [せりる]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://serill.blog11.fc2.com/tb.php/422-3c9a75fa
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。