大きなカブって最初から周りの土除去すればよかったんじゃね?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■けふのいちまひ

 多忙だった上に明日旅行だから今日はこれでo.....rz

■旅行だZE!
 そんなわーけで明日から一泊二日の草津旅行に行ってきます。
 此方は更新されないけどミクシは携帯から書くかもしれないZE!
 コメントレスも予想外なら多分出来ると思われます(`・ω・)

■ゑ。
 俺の中でのペア。猫科だからとか安直な理由じゃないですよ!
 何というかアレです、小さいのと大きいのって良くない?(何
 意味もなくエントランスも書いたので其方もよろしければ。

 内容は前回の絵の続きみたいな、ハロウィン的なそんなお話。
 本当は当日に書きたかったけど面倒になっちゃったんだYO!
 
 
 
■ENTRANCE
アゼル:・・・・・・ただいま。
スルト:あ、アゼルさん。おかえりなさーい。
アゼル:む・・・・・・お前一人か。アイツらはどうした?
スルト:ええと、最初は僕とゼノンさんと、カルマさんが嫌々引き摺られてハロウィンをしていたんですけど、お菓子が持ち切れないくらい一杯になったので、一旦戻ってきたんですよ。
アゼル:・・・・・・この大量の菓子の山はそれか。
スルト:そうなんです。それで、ゼノンさんがもう一度行こうって誘ってくれたんですけど、僕は疲れたので遠慮して、一人で留守番をしてたんです。カルマさんも疲れたって仰ったんですけど、首を絞められて青くなった所を連れて行かれちゃいました。
アゼル:事情はわかったが・・・・・・菓子の中に金が見え隠れしているのは何だ。
スルト:ああ・・・・・・ゼノンさんが「菓子のついでに有り金全部よこせ」って訪問したお家から何割か無理矢理・・・・・・。
アゼル:まるで強盗だな・・・・・・。
スルト:あ、そうでした。アゼルさん、このお菓子全部差し上げますよ。
アゼル:ぬ・・・・・・お前ら三人の取り分じゃないのか?
スルト:実は、これ全部押し付けられちゃったんです。ゼノンさんは、とりあえずお菓子なりお金なり、なんでも奪えれば良いみたいで・・・・・・。
アゼル:なら、それはお前のだろう。俺が貰って食うわけにもいかん。
スルト:でも、僕こんなに食べられないですし・・・・・・アゼルさんなら、甘い物お好きですし、喜んで下さるかなって思ったんですけど・・・・・・。
アゼル:ぬ・・・・・・。
スルト:それに、腐って捨てちゃうより、食べてもらった方がお菓子も幸せだと思いますし・・・・・・。
アゼル:・・・・・・わかった、有難く頂こう。
スルト:え、あ、はい!ありがとうございます!
アゼル:貰うのは全部だが・・・・・・二人で食べたほうがいいな。俺でも、些か量が多すぎる。
スルト:は、はい!僕、頑張りますね!
アゼル:別に、そんなに張り切らなくても構わんぞ・・・・・・。
スポンサーサイト
2006/11/03(金) 23:15:24 | Diary | 編集(管理人用)
この記事へのリンク | | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。